着物と弔事

着物と弔事

誰でも弔事に参列する機会に見舞われます。
生きている以上、年上の人から亡くなるのは世の常です。
精いっぱいのお悔やみをするようにしましょう。

弔事に参列する場合、喪服を着ることが礼儀ですね。
現代では、みなさん黒のスーツを喪服にされていますが、正装はやはり喪服の着物です。

喪服の着物は、最近では親族の方しか着なくなりましたが、参列される方が着ても大丈夫です。
喪服を着る時は、帯も帯締めも帯揚げも全て黒色の物を着用します。
草履もバックも黒以外はNGですので忘れないようにしましょう。

昔は、嫁入り道具の1つとして、喪服を準備しておくものでしたが、今は持っていない人がほとんどだと思います。
1枚作っておくと、まさかの事態が起こっても慌てずに済みます。
きちんと家紋を入れて、予め準備しておくことをおすすめします。

喪服を着る時は、髪型も派手にならないようにまとめるのが基本です。
髪飾りなどは使用しないようにして下さい。
正装で故人への哀悼を表すことは大変良いことです。
礼儀に則って、失礼のないように心がけることが大切です。

日本人は、弔事の時の作法をとても重んじます。
何も知らないで行くと、故人にはもちろん、ご遺族にも失礼になります。
ある程度の作法を事前に調べておくようにしましょう。

    Copyright(C) 日本人なら着物でしょ! All Rights Reserved.